ラリー・グレナディア渾身のベースソロ『ザ・グリーナーズ』


ECMから出たラリー・グレナディアが
ベース1本で勝負に出た
ソロベースアルバム『ザ・グリーナーズ』。


larry.png


ベース1本のみで演奏されたアルバムって、
ベース弾いている人でさえも、
時に途中で退屈してしまいがちなんですが、
このアルバムの場合、
そういう事態に陥りにくいのは、
おそらく、グレナディアが長年あたためてきた構想を、
一挙に放出しているからなのでしょう。

あれもやりたい、これもトライしたい。

こういう純粋な音楽家の欲求が、
音に付着しているエネルギーとして表出されている。

だから、一度や二度聴いたところで、
すべて分かるような単純な世界ではないものの、
「ならば聴きとってやろう!」という
前向きな気持ちにさせてくれるのです。