『カインド・オブ・ブルー』~ビル・エヴァンスが執筆したライナーノーツ


ビル・エヴァンスは『カインド・オブ・ブルー』で、
即興演奏を、水墨画になぞらえて書いています。


これがまた言いえて妙で、
非常にジャズの即興演奏の本質を言い当てている名文章だと思います。


そのことについて、軽くYouTubeで語っています。

よろしければ、どうぞ。

▼こちら
『カインド・オブ・ブルー』ビル・エヴァンスが執筆したライナーノーツ


そういえば、
『カインド・オブ・ブルーの真実』という本には、
ビル・エヴァンス直筆の原稿の写真が掲載されていますね。


kind_of_blue_book.png


そして、レコーディングの模様も克明に記されており、
興味深く読むことが出来ます。


なかなか貴重かつ資料的価値の高い本だと思います。