ハンク・モブレイ・カルテット評



ハンク・モブレイの『ハンク・モブレイ・カルテット』評をアップしました。


▼こちらです。
ハンク・モブレイ・カルテット/ハンク・モブレイ


mobley_quartet.jpg


ドラムがアート・ブレイキー、
ピアノがホレス・シルヴァー、
ベースがダグ・ワトキンス!


おお、これはもうトランペットにケニー・ドーハムがはいれば、
『カフェボヘミアのジャズ・メッセンジャーズ』ではないか!


なので、演奏はお墨付き!


モブレイのテナーも冴え渡っています。

あの、《アビラ・アンド・テキーラ》も演奏されています。

これは凄い。

もしかしたら、モブレイのワンホーン・アルバムの最高傑作の誉れ高い
『ソウル・ステーション』よりも良いかもしれない?!