オルガン特集の『キーボードマガジン 2019年4月号』


今回の『キーボードマガジン』(2019年4月号)は、
なにしろ、オルガン特集が圧巻。

keymaga.png


豊富なオルガンの写真入りで、
オルガンの歴史をたどっているんですが、
いやぁ、懐かしレトロの愛くるしいデザインが多いですね。


さらに、オルガン名盤の中に、
ペトルチアーニとエディ・ルイスの
『デュオ・イン・パリ』がセレクトされているところに
センスを感じますね。



Conference De Presse Vol 1 and


そうそう、エディ・ルイスのオルガンの音色は、
アメリカのジャズオルガンやソウルで使用される
オルガンの音色とは一線を画しています。


あの、蒸気のようにほわほわとした音色が
耳の奥をくすぐるのです。


それに加えて、巻末には
ビル・エヴァンスの《枯葉》の譜面が掲載されています。

ピアノのみならず、
ベースとドラムのパートも。

これは便利。

もちろん『ポートレイト・イン・ジャズ』のバージョンです。

なかなか充実&気合いのはいった一冊だと思います。