ハービー・ニコルス『ザ・プロフェティック・ハービー・ニコルス Vol.1』評


ピアニスト、ハービー・ニコルス。

ユニークなピアニスト、
セロニアス・モンクと並ぶ独特なピアノ……、
などと評されているわりには、
あまり聴かれていないような気がします。


たぶん、彼の「持ち味」をつかむのに時間がかかるからだと思います。

しかし、その「持ち味」が比較的つかみやすいアルバムもあります。

ハービー・ニコルスのファーストレコーディングです。

nicholes_prophetic01.jpg


『ザ・プロフェティック・ハービー・ニコルス Vol.1』。


この音源について語った動画を
YouTubeにアップしています。





たしかに、代表作『ハービー・ニコルス・トリオ』(ブルーノート)などを聴くと、
重くて、少々陰鬱なハーモニー感覚ゆえ、
1、2回聴いたくらいでは、
なかなか「世界観」を掴みかねるピアニストかもしれませんが、
『ザ・プロフェティック』は、ニコルスの諸作の中では
比較的「世界」にはいっていきやすいアルバムだと思います。





▼レビューはこちら
ザ・プロフェティック・ハービー・ニコルス Vol.1/ハービー・ニコルス