メアリー・ルー・ウィリアムスのおすすめピアノトリオ


メアリー・ルー・ウィリアムスが1975年に
スティープル・チェイスに録音した
ピアノトリオのアルバム
『フリー・スピリッツ』。


free_spirits.jpg


このアルバムの魅力について、
動画で語ってみました。





マイルスの《オール・ブルース》、
ボビー・ティモンズの《ダット・デア》にもトライ!


彼女は、1910年生まれですから、
これらのナンバーが世に出た頃は、
少なくとも50歳以上だったはず。


それでも、(彼女からみたら)若手が作った
新しいナンバーをも
軽やかに弾きこなす感性と力量!


あらためて、彼女こそ大御所中の大御所ピアニストだと感じます。


▼レビューはこちらです♪
フリー・スピリッツ/メアリー・ルー・ウィリアムス