アップ・アップ・アンド・アウェイ ソニー・クリス


ソウル・グループ、フィフス・ディメンションの代表曲を
なんとソニー・クリスが演奏しているアルバム、
その名も『アップ・アップ・アンド・アウェイ』。


upupway.jpg


このアルバムについて、動画で語っています。





もし、パーカーが生きていたら、
きっとこんな演奏をするんだろうなと思わせる快演。


勢いモリモリ、ド直球ストレート。

他にも、アン・バートンの名唄で有名な、
《サニー》も演奏していたりと、
少しヒット曲寄り路線のアルバムかもしれませんが、
根っこはしっかりジャズしているアルバムだと思います。