ブルージー・バレル ケニー・バレル


ケニー・バレルとコールマン・ホーキンスの共演、
『ブルージー・バレル』。

blusey_burrell.jpg

まるで、ケニー・バレルのブルーノートからのリーダー作、
『ミッドナイトブルー』のスタンリー・タレンタインを思い出してしまうサウンド。

いや、実際はその逆で、
タレンタインの、あのスタイルこそが、
ホーキンスの影響を濃厚に受けているということが、
両アルバムを聞き比べると、
非常によく分かるんですね。

とにもかくにも、ここでのバレルのギターは絶品。

アコースティックギターを弾いているナンバーもあり、
多才かつ多彩でありながらも、
一貫したトーンを保ち続ける
ギタリスト、ケニー・バレルの素晴らしさを満喫できるアルバムです。


▼動画でも語っています