テナー・タイム ジョー・ロヴァーノ


おそらく、日本ではこのCDの発売を機に、
テナーサックス奏者、ジョー・ロヴァーノを知った人も
発売された90年代には少なくなかったのでは?


tenortime.png


大西順子がピアノで参加。

しかも、レーベルは東芝EMIのサムシンエルス。

ジャズ雑誌、けっこう取り上げていましたね。


おそらく日本人向けのプロデュースなのでしょう、
マイルスの愛想曲、《ウォーキン》や《バイ・バイ・ブラックバード》を取り上げるなど、
有名曲のオンパレード。

ロヴァーノ作曲のナンバーは1曲のみです。

このアルバムについて、動画でも語っています。



ちょっとひしゃげた独特な音色。
ユーモラスさとシリアスさが混在した
ロヴァーノのテナー、
このあたりから入門しても良いのではないでしょうか?