サン・ジュアン ジム・スナイデロ


アルトサックス奏者、ジム・スナイデロが
1994年に録音したアルバム
『サン・ジュアン』。


snidero.jpg


このアルバムについて語った動画をアップしています。





秋吉敏子&ルー・タバキンのビッグバンドのメンバーだったこともあり、
非常にアンサンブル力に長けているというか、
楽器間の距離間の立体的把握力に長けているサックス奏者だと思います。

プレイには破綻がなく、
逆に、そういうプレイヤーは、
「巧いだけの心が通っていない奏者」とみなされがちではありますが、
彼の場合は、
さすがビッグバンド出身ということもあってか、
聞かせどころを非常に分かっている。

だから、聴いていて楽しい。

しかも、滅茶苦茶巧い。
しかし、「巧いための巧い」に陥っていないところが、
聞かせどころを心得た彼の良いところだと思います。