ナッシング・バット・ザ・ブルース ハーブ・エリス


ギタリスト、ハーブ・エリスを代表する1枚、
『ナッシング・バット・ザ・ブルース』。


nothing_blues.jpg


このアルバムの解説を動画でアップしています。





オスカー・ピーターソンを「いぶし銀」の魅力で支え続けた、
ある意味「名わき役」のエリスさんも、
ひとたび主役に回れば、
やっぱり「いぶし銀」。

少ない音数で、抜群の説得力。

スタン・ゲッツのテナーも申し分なし。
さらに、曲によっては、オスカー・ピーターソンも
サポートで参加しています。


とにかく、ハーブ・エリスという
味わい深いギタリストの魅力を
たんと味わえる素晴らしい1枚なのです。