「私のとっておきのジャズ・ヴォーカル」ジャズ批評 2019年11月号




『ジャズ批評』2019年11月号の特集は、
「私のとっておきのジャズ・ヴォーカル」。


hihyouvocal.jpg


私、書いてます♪

5枚選んで寄稿いたしました。


オーソドックスからはっちゃけたものまで。


見本誌届いて、
ページをパラパラめくると、
選者の皆様の思い入れがひしひしと伝わってきますね。


そのやわらかな熱量というか、
思い入れの深さは、
「ブルーノート総選挙」の時以上かも?!


案外(?)オーソドックスなアルバム中心に
選ばれているような感じがしましたが、
それだけ、真面目なファンが多いということなのでしょうね。


いや、私も真面目に選びましたけど……♪



というわけで、
是非、ご一読を!