ビッグ・ジョン・パットン アンダスタンディング


オルガン奏者、ビッグ・ジョン・パットンの
『アンダスタンディング』。

understanding.png



これはなかなか侮れないオルガントリオです。
通常、オルガンのトリオといえば、
オルガン、ギター、ドラムスという編成が多いのですが、
『アンダスタンディング』では、
ギターではなく、テナーサックスが参加。


そして、ハロルド・アレキサンダーのテナーサックスがなかなかよいのですよ。

さらに、たった3人の演奏とは思えないほどの肉厚アンサンブル。

これはなかなか聴きどころの多いアルバムです。


先日YouTubeにアップした動画でも同様のことを語っています。





ソニー・ロリンズの《アルフィーのテーマ》、
サム&デイヴ《ソウル・マン》、
ケニー・バレル《チトリンズ・コン・カーネ》と、
演奏曲もバリエーション豊かです。