ライヴ・イン・ボローニャ/ルー・ドナルドソン

Live In Bologna/Lou Donaldson 《星影のステラ》に《セント・トーマス》、 さらに《サマータイム》に《スター・アイズ》と おなじみのスタンダードが目白押し! 親しみやすいルーさんのアルトが、 親しみやすいメロディを吹きまくる! しかも、親しみやすいワンホーン・カルテット。 なんとも楽しく気軽に聴けるライヴ盤であることか。 …

続きを読む

米澤美玖の『ランドスケープ』評

Landscape/米澤美玖 米澤美玖の2枚目のリーダー作、 『ランドスケープ』評をアップしました。 ▼こちらです♪ ランドスケープ/米澤美玖 ジャケ写の華奢な美玖さんと、大きく見えるテナーサックスの対比。 これからは想像できないような太くて暖かいテナーの音が炸裂します。 きちんと基礎が出来ているんだな~と思います。 一曲目のリズムもかなりカッ…

続きを読む

アット・ジ・オペラハウス スタン・ゲッツ&J.J.ジョンソン

At The Opera House/Stan Getz & J.J.Johnson スタン・ゲッツとJ.J.ジョンソンの 『アット・ジ・オペラハウス』をアップしました。 ▼こちらです♪ アット・ジ・オペラハウス/スタン・ゲッツ&J.J.ジョンソン 二人の名手の初共演ではあるのですが、 質の良い無難なジャムセッション的な演奏で ながらく魅力を感じていませんでした…

続きを読む

『ホリディ』浜崎航ミーツ松本茜トリオ

HOLIDAY/浜崎航&松本茜 浜崎航と松本茜トリオの『ホリデイ』評をアップしました。 ▼こちら♪ ホリデイ/浜崎航 &松本茜トリオ ハッピームードの楽しい演奏の連続。 ラストを飾るは、フィニアス・ニューボーンの《ハーレム・ブルース》。 さすが、『フィニアスに恋して』の彼女ならではの、 溌剌としたピアノを楽しめます。 年末はこれ聴い…

続きを読む

チコ・フリーマンの『スピリット・センシティヴ』

Spirit Sensitive/Chico Freeman チコ・フリーマンの『スピリット・センシティヴ』評をアップしました。 ▼こちらです♪ スピリット・センシティヴ/チコ・フリーマン ベーシスト、セシル・マクビーとのデュオで演奏される 《ニューヨークの秋》が聴きものですが、 他にもジョン・ヒックスのピアノがなかなか良いイントロをつけている 《イット・ネヴァー・…

続きを読む

『ジャック・ジョンソン』2種類のジャケット

Jack Johnson マイルスの『ジャック・ジョンソン』には2種類のジャケットがあります。 ジャック・ジョンソン と A Tribute To Jack Johnson ですね。 あなたは、どちらのバージョンをお持ちですか? そして、どちらのジャケットが好きですか? この2種類のジャケットに関しての記事を書きました。 ▼こちらです…

続きを読む

DANCING古事記 山下洋輔

DANCIN古事記/山下洋輔 山下洋輔の『DANCING古事記』評をアップしました。 ▼こちらです♪ ダンシング古事記/山下洋輔 音そのものの破壊力よりも、 音にまとわりつく時代の空気が リアルタイムにその時代を経験していない者にとっても ヒリヒリと痛く伝わってくるのです。

続きを読む

ジャズモテ

「ジャズを聴くと女性にモテるのか?」を 「カフェモン」にアップしました。 ⇒こちら 以前書いた『ビジネスマンのための(こっそり)ジャズ入門』のコラムで、 ボツになった原稿に手入れをしてアップしたものです。 よろしければご覧になってください。 ビジネスマンのための(こっそり)ジャズ入門

続きを読む

インヴィテーション/アル・ヘイグ

Al Haig/Invitation アル・ヘイグの『インヴィテーション』評をアップしました。 ▼こちらです♪ @ 個人的には、どうも70年代のドラマや映画の ちょっとクサいムードミュージックを思い出してしまうんですよね。 でも、ヘイグのピアノの表現力は、 やっぱり凄いです。 若い頃のさりげなさは影を潜めていますが、 ベタなクサさを臆面もなく全開しつ…

続きを読む

ローランド・カーク『ドミノ』評

Domino/Roland Kirk ローランド・カークの『ドミノ』評をアップしました。 ▼こちらです♪ ドミノ/ローランド・カーク どっぷりとカークにはまった人からしてみれば、 ちょっとオーソドックス過ぎて 食い足りないと思われるかもしれませんが、 ハードバップなテイストを愛し、 なおかつ、最初にカークを聴いてみたいという人には、 文句なしにおすすめしたい…

続きを読む

sponsored link
  • SEOブログパーツ