チェット・ベイカーの《スライトリー・アバヴ・モデラート》

チェット・ベイカー&クルー チェット・ベイカー好きなら、 誰もが持っているであろう彼の代表作 『チェット・ベイカー・アンド・クルー』。 勢い溢れる演奏からスタートすることもあり、 「あのチェットが本気になったら凄いんだぞ」的なアルバムという印象をお持ちの方も多いと思います。 もちろんその通り。 充実した演奏が収められたアルバムです。 その中でも…

続きを読む

デヴィッド・サンボーン『ストレート・トゥ・ザ・ハート』評

デヴィッド・サンボーンの『ストレート・トゥ・ザ・ハート』をアップしました。 ▼こちら ストレート・トゥ・ザ・ハート/デヴィッド・サンボーン 勢いあふれる若かりし日のマーカス・ミラーにハイラム・ブロック! 興奮に次ぐ興奮! 個人的にはサンボーンのベストに位置づけられているアルバムですね。 サンボーンのアルトの音色もシャープで透き通っています。 スト…

続きを読む

ボブ・ジェームス『フォクシー』評

ボブ・ジェームスの『フォクシー』評をアップしました。 ▼こちら フォクシー/ボブ・ジェームス 参加ミュージシャンが、デヴィッド・サンボーンやマーカス・ミラー、スティーヴ・ガットなど、 いわゆる「フュージョンのスターたち」とも言える人たちではあるのですが、 私にとっては、フュージョン以前のイージーリスニング。 いや、クオリティ高い演奏が続くので、 決してバカにしているわけ…

続きを読む

ジャズ超名盤研究/小川隆夫

小川隆夫氏の『ジャズ超名盤研究』が発売されましたね。 全34章、計36枚のアルバムが紹介されています。 紹介、といっても、アルバムが生まれた背景、 参加ジャズマンのプロフィール、 一曲ごとの曲解説、 影響を受けたジャズマンからのコメント、 アルバムやジャズマンににまつわる「こぼれ話」、 紹介したアルバムから派生したアルバムの紹介、 などなど、 1枚の名盤をこれでもか…

続きを読む

アイ・レフト・マイ・ハート/レッド・ガーランド

レッド・ガーランドの『アイ・レフト・マイ・ハート』評をアップしました。 ▼こちら アイ・レフト・マイ・ハート/レッド・ガーランド なにしろ、ジャケットが素敵なアルバムなのです。 演奏は、プレスティッジ時代の吹き込みに比べれば、 だいぶ「ユルく」なってきてはいますが、 ジャケットのムードが それを補って余りある!

続きを読む

ジャズ批評 2017年 マイ・ベスト

ジャズ批評/2018年3月号 『ジャズ批評』の2018年3月号が発売されました。 今回の特集、昨年2017年のベスト5枚に関して、 寄稿させていただいております。 私がセレクトした5枚は?!! それよりも、ジャズ界の重鎮の皆様が選ばれた5枚は? 詳しくは、本書で! ジャズ批評 2018年03月号 ▼関連記事 ジャズ批評 No.…

続きを読む

シアリング・オン・ステージ/ジョージ・シアリング

Shearing On Stage/George Shearing 《セプテンバー・イン・ザ・レイン》の名演で有名な、 ジョージ・シアリングの代表的ライヴアルバム、 『シアリング・オン・ステージ』評をアップしました。 ▼こちらです♪ シアリング・オン・ステージ/ジョージ・シアリング トゥーツ・シールマンスのハーモニカが素晴らしいです。 たった6人で、それ…

続きを読む

ラジオのように/ブリジット・フォンテーヌ

Comme à la radio/Brigitte Fontaine ブリジット・フォンテーヌの『ラジオのように』評をアップしました。 ▼こちらです♪ ラジオのように/ブリジット・フォンテーヌ 思い入れのある盤ゆえ、 とっくの昔にアップしていたつもりになっていたのですが、 そういえば、ちゃんと『ラジオのように』についてを書いていなかったことに気づき、 急いでアッ…

続きを読む

ライヴ・イン・ボローニャ/ルー・ドナルドソン

Live In Bologna/Lou Donaldson 《星影のステラ》に《セント・トーマス》、 さらに《サマータイム》に《スター・アイズ》と おなじみのスタンダードが目白押し! 親しみやすいルーさんのアルトが、 親しみやすいメロディを吹きまくる! しかも、親しみやすいワンホーン・カルテット。 なんとも楽しく気軽に聴けるライヴ盤であることか。 …

続きを読む

sponsored link
  • SEOブログパーツ