アイスクリームが好きだったマイルス

ソニー・クラークが『クール・ストラッティン』で演奏している 《シッピン・アット・ベルズ》。 これ、タイトルの意味っていったい何? と長いこと考えていたのですが、 じつは、アイスクリーム屋の名前だったのだそうです。 マイルス・デイヴィスはアイスクリーム好きだった。 それに関しての記事をアップしました。 ▼こちら アイスクリームが好きだったマイルス …

続きを読む

マイルス・イン・ベルリン

Miles In Berlin/Miles Davis 『マイルス・イン・ベルリン』。 最初は、そして長らく 1曲目の《マイルストーンズ》に夢中だったんですが、 それは、快活なトニーのシンバルワークが90%その理由なんですが、 リズム以外に注目すると、 やはり、このアルバムの目玉は 次曲の《枯葉》なのではないでしょうか? マイルス、新しいフレーズを搾り…

続きを読む

Complete Jack Johnson Sessions マイルス

マイルスの『ジャック・ジョンソン』好きは、 是非とも持っておきたいボックスセットです。 やっぱり、いつ聴いても ジョン・マクラフリンのギターと、 マイケル・ヘンダーソンのベースが最高です。 別テイクは最初から律儀に全部聴かずに、 その日の気分でランダムに聴くぐらいの感じでOK。 なにがイイかって、 マイルスが微妙にニュアンスを変えて吹いてい…

続きを読む

Live Around the World マイルス

1988年から1991年。 この時期のマイルスの音楽は、 長い長い「マイルス史」から俯瞰すれば、 ずいぶん丸くポップになったなと思うわけですが、 しかし、そのような「予備知識」を取り払い、 キャリア最終地点に近いこの時期の音源を聴くと、 やっぱりマイルスのトランペットの表現の深みは 「タダモノではない!」と思うのです。 それとバックのバンドのアンサンブルの…

続きを読む

Miles Davis In A Silent Way

熱過ぎず、かといってクール過ぎず。 (ま、温度感はクール寄りかな?) この絶妙な音の肌ざわりが 私が『イン・ア・サイレント・ウェイ』を好きな理由。 好きさが高じると、 こういうモノにも手を出してしまっちゃうわけですよ。 Complete in a Silent Way Sessions でも、はじめて聴く人は、 普通のアルバムから聴いてほしいなと思…

続きを読む

Miles Davis Quintet: Live in Europe 1969

マイルス「ロスト・クインテット」の貴重音源、 いよいよ発売ヽ( ̄▽ ̄)ノ パワフル度、フリー度、知的度、当意即妙度などなど、歴代マイルスグループの中でもこれらの要素はダントツに高いメンバーだと思いますよ、ロストクインテットは。 ウェイン・ショーター(sax) チック・コリア(key) デイヴ・ホランド(b) ジャック・ディジョネット(ds) Miles Da…

続きを読む

ダイドーブレンド マイルスCM

やっぱ、マイルスかっけ~! これのCMね。   ↓ 当店全品P増量!9月発売★4ケースまで送料同じダイドーブレンド ブレンドコーヒー185g缶 30本...価格:2,236円(税込、送料別) 缶コーヒーを飲む習慣のない私でも 思わず飲んでみようかな、 と思ってしまうじゃないですか。 ダイドーブレンドのヘミングウェイ編も好きです。 …

続きを読む

匿名探偵 ラウンド・ミッドナイト

高橋克典主演の「匿名探偵」。 片瀬那奈演じる弁護士と打ち合わせをする 森次晃嗣がバーテンのバー(なぜか客席よりもカウンター内部のほうが広い)で流れていたのが、 マイルスの《ラウンド・ミッドナイト》。 もう、なんというか、 この演奏は、 ハードボイルド、大人のオトコとオンナの 「音のアイコン」になってしまってますね。 ラウンド・アバウ…

続きを読む

マイルス・デイヴィスの『カインド・オブ・ブルー』と『ドゥ・バップ』

昨晩、ジャズブロガーのいっきさんのブログに書き込みをしながら気が付いたのですが(⇒こちらの記事です)、マイルス・デイヴィスの晩年の名作『ドゥ・バップ』と『カインド・オブ・ブルー』って結構似ているんじゃないかと。 もちろん、音楽のスタイルはまったくもって別物なのですが、そこからほとばしるニュアンスのようなものが似ている、だから自分は『カインド・オブ・ブルー』と等しく『ドゥ・バップ』が…

続きを読む

sponsored link
  • SEOブログパーツ