ちょっと思ったこと。

今はどうなのかは分かりませんが、 なんとなく「評論家」というと、 偉そう、 権威的、 力を持っている というようなイメージを抱く方もいらっしゃると思うんです。 少なくとも、裕次郎がドラムを叩いていた時代は、確実に評論家っつーと、そういうイメージでしたよね? 嵐を呼ぶ男 [DVD]出版社/メーカー: 日活メディア: DVD でも、私、最近思うんですが、 評論家…

続きを読む

匙加減の達人、マイルス・デイヴィス

多くのジャズマンの演奏を聴くと、凡人は、その圧倒的な技量を前に「すごい、真似できない」とため息をつく。 マイルス・デイヴィスの偉大なところは、凡人に「もしかしたらオレにも出来るかもしれない」と思わせるギリギリの表現をし、そのじつ誰もができないことをしたところにある。 ヒット企画を立てる達人の匙加減に似ているのかもしれない。 ヒットを生み出す人の商品企画は、消費者…

続きを読む

ピアノトリオに求める要素

「ピアノトリオ好きは“癒し”を求めているのだ」 一見もっともそうな意見。 しかし、果たして本当にそうなのか?そんな人ばかりなのか?と私は思うわけです。 ある意味、ピアノトリオ好き=ヤワなジャズファン⇒だから、ジャズに求める要素なんてしょせん癒し程度なもんだろ的な見下し感がはいっているようで、私ははっきり言って、したり顔で「ピアノトリオファンは癒し系を求めているのだ」と断言す…

続きを読む

ジャズが好きな人には性格悪い人が多い?

よく、ジャズ聴きには性格の悪い人間が多いという声を耳にするが、はたしてそうだろうか? (どうでもいいけど“ジャズ聴き”なる言葉の響きが下品に聞こえるのは私だけだろうか?) そんなことはないだろう。 ……と思っている。 どの趣味の世界の領域にも性格の良い人もいれば、悪い人もいるだろう。 鉄道模型でも、 バイク乗りの中にも、 バードウォッチングや天文観測が趣味の…

続きを読む

ジャズの「わかる」「わからない」について

平日、夜の居酒屋では、サラリーマンたちが酒の肴トークとして「あいつは仕事ができる」「できない」トークが合いも変わらず繰り広げられている。 一方で、ジャズ喫茶では、常連やマスターたちの間で「あいつはジャズがわかっている」「わかっていない」トークで盛り上がることも。 仕事においての「できる」「できない」は、会社の存続や、自身の生活に直結することもあるので、その多くは単なる愚痴…

続きを読む

ジャズを聴くとモテるか?

ジャズを聴いているからといって、異性にモテるとは限らない。 いや、もしそう考えている人がいるのなら、その人は確実にモテない人だ。 それは、バブルの頃、「クルマを買えばオンナに持てる」「DCブランド(死語ですね)に身をつつめばオンナにモテる」といった、消費幻想に煽られ、実際にクルマや服を買った人も少なくないと思うが、クルマ1個増えたところで、その人自身に魅力がなければ、クル…

続きを読む

ウッドベースの生音

楽器の生音と、オーディオ装置で再生された音色には乖離があることはいうまでもない。 特に、ウッドベースの音色にそれが著しい。 ライブなどの生演奏に至近距離で接すればよくわかるが、まずはウッドベースの生音(ピックアップやマイクなどで拾って増幅した音ではなく、胴体のfホールから発せられる音色)が忠実に再生されることは、皆無といっても過言ではない。 とくにJBLやアルテックなどのスピーカー…

続きを読む

日本人ジャズはスケールが小さい?

ジャズに限らず、映画にもその傾向は当てはまるかもしれないが、たしかに日本人の表現は、欧米のものに比べるとスケールが小さいのかもしれない。 しかし、ではアメリカ人が、日本人の表現のように小じんまりとまとまった表現が出来るのかというと、逆に難しいのではないだろうか。 国や土地によって、そこで育った人々が育まれ、培われる感性の内容は異なるし、様々だ。 だから鑑賞者は自分好みのテイスト…

続きを読む

楽理を知る必要はあるか?

「楽理を知っている人は、演奏のテクニカルなことばかりに耳がいってしまい、真の音楽鑑賞は出来ない」というようなことを、楽器をやらない人は言うことがある。 しかし、そんなことはない。 ムリして知る必要はないが、楽理を知っていれば、演奏によっては鑑賞の楽しみが倍加することもあるし、少なくとも、知っていることが鑑賞の上での妨げになることはない。 しかし、だからといって楽理を知らなくても鑑賞…

続きを読む

悪しき暗記教育の負の遺産?

ブルーノートなどのレコード番号や、アルバムの曲やパーソネル、さらには録音年月日を博覧強記のごとく覚えている「記憶力」の良いジャズファンが尊敬される風潮がいまだにジャズ喫茶にはあるようだ。 しかし、尊敬の眼差しでみられるのは、あくまで「記憶力」のよさであって、「鑑賞力」に対してではないことを肝に銘じるべきであろう。

続きを読む

sponsored link
  • SEOブログパーツ