行方均『ジャズは本棚に在り ジャズ書と名盤』評

レコードプロデューサー・行方均氏の新刊、 『ジャズは本棚に在り ジャズ書と名盤』評をアップしました。 ▼こちらです ジャズは本棚に在り ジャズ書と名盤/行方均 いやはや、「ジャズ本」の世界は、まだまだ奥深い。 けっこう「ジャズ本」は過去に読んできているつもりでしたが、 ここで取り上げられている本と雑誌の中で、 読んだ本は、わずか3分の1程度でした…

続きを読む

小川隆夫『ビバップ読本 証言で綴るジャズ史』評

ジャズ評論家・小川隆夫氏の新刊、 『ビバップ読本 証言で綴るジャズ史』評をアップしました。 ▼こちら ビバップ読本 証言で綴るジャズ史/小川隆夫 読みやすい! 面白い! 参考になる! いわゆる誰もが知るバップの「通史」に、 小川氏独自のインタビューのストックが まぶされているので、 「線」の流れが より立体的に把握することが出来るので…

続きを読む

『エリック・ドルフィー』ウラジミール・シモスコ、バリー・テッパーマン(著)

エリック・ドルフィー/ウラジミール・シモスコ、バリー・テッパーマン 晶文社から発行されている古い本 (でも内容は古びていない) 『エリック・ドルフィー』評をアップしました。 ▼こちらです♪ エリック・ドルフィー/ウラジミール・シモスコ、バリー・テッパーマン 今でも時折読み返しています。 間章や清水俊彦の評論も掲載されています。 名著! (・∀…

続きを読む

重版決定!『100年のジャズを聴く』

先日発売されたばかりの 『100年のジャズを聴く』(後藤雅洋+村井康司+柳樂光隆)ですが、 もう増刷(重版)が決定したそうです。 早い! 素晴らしい! おめでとうございます! やっぱり、新しいジャズ、 新しい聴き方を求めているジャズ好きが多いのかな~と思います。 ちなみに、この本に関してのレビューを先日書きました。 ▼こちらです♪ ジャズにもビッグ…

続きを読む

村井康司『あなたの聴き方を変えるジャズ史』評

あなたの聴き方を変えるジャズ史/村井康司 ジャズ評論家・村井康司氏の『あなたの聴き方を変えるジャズ史』評をアップしました。 ▼こちらです 大傑作かつ名著!村井康司『あなたの聴き方を変えるジャズ史』 本当に面白い! 勉強になる! 勉強している気分にならずに 知らず知らず知識がスルスルと入っていく感じで。 本当はもっと早く感想を書きたかったんで…

続きを読む

ジャコ・パストリアス写真集

JACO ジャコ・パストリアス写真集 ジャコ・パストリアス写真集に収録されている ジャコの写真は、どれもがやっぱりカッコいい! この写真集を眺めながら考えたことをアップしました。 ▼こちらです♪ 『ジャコ・パストリアス写真集』を見て思うこと ところどころに挿入されている ピーター・アースキンの言葉が、 これまたグッとくるのです。 …

続きを読む

マイルスの自叙伝を英語で読もう!

多くのジャズファンの皆さんは、 中山康樹氏・訳の 『マイルス・デイヴィス自叙伝』をお読みになっていると思いますが、 英語で書かれた原書は読まれていないと思います。 英語が苦手、 英語で読むのが面倒くさい。 いえいえ、私も英語が苦手だし、英語を読むのが面倒な人なのですが、 『マイルス自伝』だけは例外。 面白くスリリングでサクサク読めるのです。…

続きを読む

『ソロ・モンク』が表紙の『文春』

そういえば、渡辺謙の浮気が報じられている『週刊文春 7/13号』の表紙は、『ソロ・モンク』でした。 週刊文春 7月13日号[雑誌] いつみても味わいのあるジャケットです。 モンクのピアノの音が聴こえてきそうなジャケット。 個人的には、このジャケットを見た瞬間、 《ダイナ》や《ルビー・マイ・ディア》が頭の中に鳴り響きます。 …

続きを読む

マイルス・デイヴィス ビッチェズ・ブリュー/ジョージ・グレラ・ジュニア

Miles Davis Bitches Brew ジョージ・グレラ・ジュニア・著の『マイルス・デイヴィス ビッチェズ・ブリュー』。 これを読みながら、実際に聴きなおすと 発見だらけ! おお、ここでテープ編集! おお、たしかに、ここで延長繰り返し! などなど、耳でおぼろげに感じていたことを、 実際に秒数を用いて活字で説明されると 漠然と感じていたことが、 具体…

続きを読む

sponsored link
  • SEOブログパーツ