マイルスとドーハムのマイ・ファニー

人気スタンダードの常に上位に位置する《マイ・ファニー・ヴァレンタイン》。 《マイ・ファニー》といえば、マイルスのバージョンが有名ですが、 同じトランぺッターのケニー・ドーハムの《マイ・ファニー》も捨てがたい。 ワンホーンカルテットという同じフォーマットでありながらも、 そこで見せる表情はまったく別物。 そして両方いい! 好みの違いはあるでしょう…

続きを読む

小川隆夫氏の新刊と、ブラウニーのチェロキー

ジャズメン、ジャズを聴く/小川隆夫 速いパッセージを淀むことなく、 スラスラと吹けること。 力強く、かつ滑らかに吹かれるクリフォード・ブラウンのトランペットを聴くたびに、なんて流麗かつメロディアスなんだろうと嬉しい気分になってしまうのだけれども、ブラウニーの凄さは、それだけではなく「ビッグトーンで」淀みなく速いパッセージを吹き抜けること。 これ、トランペットという…

続きを読む

Here Comes Louis Smith ルイ・スミス

今日のような曇天、肌寒い日は、ほんわか心温まるトランペット。 ルイ・スミスのやわらかほのぼのラッパがいいですね。 アルトサックスのキャノンボール・アダレイも参加。 ルイ・スミスもキャノンボールも学校の先生歴があるジャズマン。 つまり先生ジャズ? でも、先生ぶったエラさは微塵も感じられない、心優しき4ビートジャズなのです。 Her…

続きを読む

圧巻!類家心平さんのトランペット映像

先日「HOT HOUSE」での3本のトランペットによるライブ映像をアップしたら、甲斐のジャズ聴き・いっきさんより、同じライブハウスでおこなわれた類家心平さんと清水絵理子さんの演奏が凄いっすよとお知らせいただき、早速見てみると、いやはや、カッコいいですがな(笑)。 マイルスの《ソーラー》をバリバリ吹きまくる類家さん、滅茶苦茶エネルギッシュ、バイタリティの塊、それをサポートする、という…

続きを読む

トランペット3台による《チュニジアの夜》

面白い映像を発見しました。 トランペッター3人のみによる《チュニジアの夜》の演奏。 トランペッターは、 類家心平、 市原ひかり、 松島啓之の3名です。 高田馬場の「HOT HOUSE」で行われた演奏風景ですが、映像から漂う雰囲気も、音も濃厚にジャズ! 3人の個性の違いがよく出ているユニークな演奏だと思います。 演奏が途中で切れてしまっているのが…

続きを読む

Louis Armstrong『Satchmo At Symphony Hall』評

ルイ・アームストロングの『サッチモ・アット・シンフォニー・ホール』評をアップしました。 ⇒こちらです。 サッチモ・アット・シンフォニー・ホール / ルイ・アームストロング&ザ・オール・スターズ (演... デキシー、スイング、バラードまで。 どんなスタイルもサッチモ流音楽として昇華されており、高い表現力の中にも常にエンターテイナーとしての姿勢を忘れない彼の…

続きを読む

ジャズ・コルトレーンやトミフラも参加。ウィルバー・ハーデンの『ウェイ・アウト』

デトロイト出身のトランペッター、ウィルバー・ハーデンが1956年に吹き込んだリーダーアルバムが、この『ウェイ・アウト』です。 ジョン・コルトレーンが参加していること、意外にご存知ないジャズファンも多いのでは? ちなみにピアノはトミー・フラナガンです。 各人のプレイのみならず、凝ったアレンジも聴きものです。 ▼収録曲 1. ダイアル・アフリカ 2. オオンバ 3.…

続きを読む

Chet baker『My Favorite Songs』

『マイ・フェイヴァリット・ソングズ~ザ・ラスト・グレート・コンサート』は、そのタイトル通り、チェット・ベイカーが西ドイツ(1988年当時)で行った最後のコンサートを収録したアルバムです。 マイ・フェイヴァリット・ソングス~ザ・ラスト・グレート・コンサート~ [Limited Edi... クインテットでの演奏のほか、フル・バンド(ディーテル・グラビッシュニッヒ指揮ハノーバー放…

続きを読む

放送第92回『フレディ・ハバード特集/ゲスト:土濃塚隆一郎』(4)

、フリューゲルホーン奏者の土濃塚隆一郎さんをゲストに招いた今回の「高野 雲の快楽ジャズ通信」の特集テーマは、フレディ・ハバード。 番組4曲目にかけたナンバーは、土濃塚さんの選曲。 カーメン・マクレエの『アイム・カミング・ホーム・アゲイン』より《バースト・イン・ウィズ・ザ・ドーン》。 カミング・ホーム・アゲイン(紙ジャケット仕様)アーティスト: 出版社/メーカー: アブソードミュ…

続きを読む

sponsored link
  • SEOブログパーツ