"ピアノレストリオ"の記事一覧

ビル・エヴァンス・アルバム シュガー・プラム

The Bill Evans Album/Bill Evans 『ビル・エヴァンス・アルバム』に収録されているナンバー《シュガー・プラム》評をアップしました。 ▼こちらです。 シュガー・プラム/ビル・エヴァンス ピアノ弾いたりエレピを弾いたりと忙しいエヴァンスですが、良い曲だし、ピアノもなかなかなのです。 …

続きを読むread more

モーション ソニー・ダラス

リー・コニッツのピアノレストリオ名盤『モーション』。 もう何度も書いたし、 ラジオでも喋ったかもしれないけど、 とにもかくにもソニー・ダラスの 男なベース を聴け! 一瞬のアドリブにかけるコニッツと、 武井壮も真っ青な百獣の王、エルヴィン・ジョーンズの猛ドラミングを最初から最後までストイックな低…

続きを読むread more

放送第93回『夏ジャズ・5分縛り』(4)

「夏ジャズ5分縛り」特集。 4曲目のナンバーは冷んやりナンバー。 涼しいピアノトリオを選曲してみました。 サイモン・ナバトフの『スリー・ストーリーズ・ワン・エンド』より《セント・トーマス》。 Three Stories, One Endアーティスト: 出版社/メーカー: Act発売日: 2007/05/07メディア:…

続きを読むread more

ピアノレストリオが好きなのだ。アヴィシャイ・コーエンの『ザ・トランペッター』

何度も書いていることではあるのですが、私はピアノレストリオというフォーマットが好きです 理由は、これも何度も書いているのですが、 演奏にスリルを生み出しやすいフォーマットだから。 ピアノやギターなどのコード楽器がはいった編成は、 演奏に安定感が増すことが多いです。 ま、モンクのようなピアニストの場合だと、かえっ…

続きを読むread more

放送第33回『ピアノレストリオ』(4)

私が好きなピアノレストリオには、3人という少人数ならではの機動性を活かしたフォーメーションを感じさせる演奏が多いです。 たとえば、ブランフォード・マルサリスの『ブルーミントン(ライブ!)』なんかはかなり好きで、これは発売以来愛聴していますね。 1曲目が非常にエキサイティング。 かつ、手に汗握るかなり高密度な演奏。 …

続きを読むread more