"クラシック"の記事一覧

お盆なので、チャイコフスキーのピアノ協奏曲1番

さきほどワーグナーの記事で、私は、クラシックになると偉そうな(?)曲が好きって書いたけど、これはきっとチャイコフスキーのピアノ協奏曲の影響なんだと思います。 なにしろ、うちの母がクラシック好きで、ロシア音楽愛好会(ロシア音楽同好会だったっけ?まいいや忘れた)に入っていたほどなので、私が赤ん坊の頃から家で日常的に流れているのはク…

続きを読むread more

お盆にワーグナーの「トリスタンとイゾルデ前奏曲」

お盆なんで(?)私が、幼少期より愛してやまない曲を紹介します。 ワーグナー作曲の楽劇「トリスタンとイゾルデ」第1幕の前奏曲です。 ▼ジャケット画像だけだけど是非聴いてみてね これ、個人的に大好きなクラシック名曲のベスト5に入るんじゃないかというほど大好き。 どうも、私はジャズやロックなどのコンボ、バンド編…

続きを読むread more

ワーグナーの《トリスタンとイゾルデ前奏曲》

今日は、午前中は4ビート漬け、 午後から夜にかけては、クラフトワークや、石野卓球の『Titles』シリーズなどのカッチリと整然としたテクノで仕事をはかどらせ、 夜はクラシック、それもワーグナーやチャイコフスキーなどのスケールでかいぜ系ばかりを聴いてました。 カチッとしたタイトなリズムで、かつ展開の少ない心地よい単調さを提供…

続きを読むread more

内田光子・クリーヴランド管弦楽団『モーツァルト:ピアノ協奏曲第23番 第24番』

ジャズからはなれ、たまにはクラシックでも。 特にクラシック・ファンでなくとも、おそらく誰もが耳にしたことのあるモーツァルトのピアノ協奏曲ですが、内田光子と、クリーヴランド管弦楽団の演奏は、重厚さがあり、深い艶を感じます。 サラリとした印象をもたれがちなモーツァルトですが、このようにコクのあるモーツァルトもなかなかに味わい…

続きを読むread more

放送第12回 「ジャズバッハ」(3) ファジル・サイのバッハ

番組中で、「ジャズではないんですけど、この伸び伸びした感じがものすごく気持ちいいです」といいながらかけたのが、ファジル・サイの《イタリア協奏曲》。 ファジル・サイ(p)/シャコンヌ!~サイ・プレイズ・バッハ(CD) トルコ人ピアニストのファジル・サイ。 最初に知ったのは、ストラヴィンスキーの《春の祭典》をピアノの多重録音で…

続きを読むread more