クッキン ブッカー・アーヴィン



いやぁ~、ホレス・パーランのピアノが最高!

《ウェル、ウェル》だけでも聴いてみて!

奄美大島の「音のソムリエ」高良さんも書いているけど、
(こちら⇒ジャズは不良の音楽だ

執拗に「これでもか、これでもか!」と
同じフレーズを連発する
ホレス・パーランのピアノ、
かな~り「ワル」ですよ。


もちろんアーヴィンのテナーも最高。

身体の内側から裏返っちゃうんじゃないかと思わせる
音色とフレーズ。


いいなぁ~。┐(´∀`)┌


リズム隊が、
ジョージ・タッカー(b)、
ダニー・リッチモンド (ds)と、
なにやら「ワルげ」な人たちであることも
黒さに拍車をかけています。


真っ黒けっけなジャズを聴いて
「うげっ!」とのた打ち回りたければコレでしょ!

TEXAS TENOR - THE BOOK COOKS / COOKIN’ / THAT’S IT!(2CD)
TEXAS TENOR - THE BOOK COOKS / COOKIN’ / THAT’S IT!(2CD)


↑『クッキン』『ブック・クックス』『ザッツ・イット』。
3つのアルバムが2枚組になっていて、おトクなのです。(・∀・)b


"クッキン ブッカー・アーヴィン"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。