濱瀬元彦『The End Of Legal Fiction Live At JZ Brat』評


本日2011年4月13日より、ちょうど1年前の2010年4月13日に、ベーシスト濱瀬元彦率いるユニット「The End Of Legal Fiction」が、渋谷のJz Bratにて熱いライブを繰り広げました。

"The End of Legal Fiction" Live at JZ Brat / 濱瀬元彦 E.L.F Ensembl, 菊地成孔 (CD - 2010)
"The End of Legal Fiction" Live at JZ Brat / 濱瀬元彦

アルバム『テクノドローム』では打ち込み中心のアンビエントな音を展開していましたが、

テクノドローム / 濱瀬元彦 (CD - 1993)

このライブは、『テクノドローム』のナンバーを中止に打ち込み無しのすべて人力による演奏。

とにかくリズムセクションが熱い!

ゲスト参加の菊地成孔のサックスもいいアクセントとなっています。


"濱瀬元彦『The End Of Legal Fiction Live At JZ Brat』評"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。