Freddie Hubbard『ゴーイン・アップ』評



フレディ・ハバードの『ゴーイン・アップ』!

ゴーイン・アップ

ゴーイン・アップ

  • アーティスト: フレディ・ハバード,ハンク・モブレー,マッコイ・タイナー,ポール・チェンバース,フィリー・ジョー・ジョーンズ
  • 出版社/メーカー: EMIミュージックジャパン
  • 発売日: 2009/09/16
  • メディア: CD


ファースト・リーダー作にして名盤の『オープン・セサミ』から約半年後の録音のブルーノート2枚目。

ハバードの張りと伸びのあるトランペットはもとより、ハンク・モブレイのテナーがいい。
フィリー・ジョー・ジョーンズのドラムもいい。

このアルバムを1本の映画だとすると、
フィリー・ジョー・ジョーンズのドラムは、演出をドラマティックに盛り上げる派手なSEやSFX効果。
そして、モブレイは間違いなく助演男優賞候補の演技をみせています。

ハバードファンのみならず、モブレイ好き、フィリー・ジョー好きにとっても必携のアルバムなのです、これは。

"Freddie Hubbard『ゴーイン・アップ』評"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。