寺島さん発言に一言。

田中さんは、毎朝、会社に到着すると「おはようございます」と元気な声で職場の人たちに挨拶をします。

同じ職場の鈴木さんも、「おはようございます」と職場のみんなに挨拶をしています。

二人とも礼儀正しく、きちんと挨拶をするサラリーマンです。

しかし、田中さんの朝の挨拶は評判良いですが、
鈴木さんの朝の挨拶は辛気臭いと評判が悪い。

言っている内容は同じ「おはようございます」なのに、です。

田中さんの「おはようございます」は元気で覇気がありますが、鈴木さんの「おはようございます」は陰気臭くてボソボソ小声です。

同じ言葉でも、そこに漂うニュアンス次第で、人は好意的にも受け止め、その逆のケースもあるということです。

音楽もそうです。

同じフレーズでも、音色や演奏者がこめるニュアンスによって随分と受け手の印象は変わります。

たとえば、パーカー・フレーズというものがあります。

アルトサックス奏者以外のプレイヤーもコピーし、ときにアドリブの中に織り交ぜることもある、ある種「モダンジャズの基礎言語」とでも言うべきフレーズです。

しかし、当たり前ですが、パーカーが吹くパーカーフレーズと、ジャッキー・マクリーンが吹くパーカーフレーズはまったく違います。

同じ音符の並びであるにもかかわらず、私たちは音符の並び以上に、そこに込められている情感や音色、タイミング、スピード感など、耳に入ってくる様々な情報をトータルに判断して、「いい」とか「好き」とか「嫌い」を判断しています。

だから、パーカーさんの「おはようございます」は滑らかで気持ちが良いけど、マクリーンさんの「おはようございます」は少し詰まってドモり気味だからスッキリしないよね、と感じる人がいてもおかしくはありません。

逆に、パーカーさんの「おはようございます」は明朗快活だが、あまりにもスムース過ぎて何を考えているかわからない。
逆にマクリーンさんの場合は不器用だけど人間味があって好感を持てると感じる人もいるんじゃないかと思います。

たまたまアルトサックスを引き合いに出しましたが、ピアノも同様です。
ピアノの場合も演奏者のタッチで音色は著しく異なりますし、同じフレーズでも、タッチの違いが受け手に及ぼす感触の違いは大きいです。

たとえば、バド・パウエルが弾いたフレーズとまったく同じ内容をバリー・ハリスが弾いたとしても、両者のピアノから受けるニュアンスはかなり異なります。

パウエルさんの「おはよう」は、ちょっとキツいけど、バリーさんの「おはよう」は優しげよね、と感じる女子社員がいても不思議ではありません。

つまり、音符の並びのみならず、我々は無意識にそれ以外の様々なニュアンスを感じ取っているのです。

よって、「自分がピアノを聴く場合、フレーズは聴くが、タッチは聴かない」というようなことはあり得ません。
タッチも聴いているのです。自覚がないだけです。

「高野雲はタッチでピアノを聴いてるそうだが、普通はフレーズで聴くものだ」

どうも、このようなことを寺島靖国先生がラジオでおっしゃっていたようですが、うーん、私、寺島さんの番組で「パウエルのピアノは音が立っている」「パウエルはタッチが強い」というようなことは言いましたが、「パウエルはタッチで聴く」とは言ってないんだけど……(苦笑)

もちろん、私の場合、パウエル、モンク、ペトルチアーニなどのピアニストは、強いタッチに惹かれていることは確かですが……。

おそらくこれは、いつもの「寺島語」と解釈すべきでしょう。
「自分はピアノのフレーズを重点的に聴いている」というぐらいの意味なのでしょう。

しかし、タッチとフレーズ、この2つの要素は不可分です。
ピアノを鑑賞すること自体が、ピアノのタッチが生み出す音の集積(=フレーズ)を聴いているわけですから。

よって、タッチ抜きにフレーズのみを抽出して聴くということは不可能なのです。
少なくとも私はそんな器用な真似は出来ません。それに、フレーズのみが重要ならば、譜面を読んだほうが話が早いですしね。

あたりまえですが、私はフレーズも聴きます。
しかし、むしろそれ以上に、そのフレーズに伴う音色やニュアンスをも全部まとめて楽しみたい(というか楽しんでいる)。
恐らく多くのジャズファンもそうなのではないでしょうか?

つまり、最初から「フレーズ」と「タッチ」を分けて論ずること自体がナンセンスなのです。

百歩譲って「タッチ」を耳の中に入れず、「フレーズ」のみを抽出して聴くという器用なことが出来たとしたら、それこそ冒頭で書いた田中さんと鈴木さんの「おはようございます」のニュアンスの差を聴き逃していることに等しい。
それって、音楽を鑑賞において重要なことの1つが欠落していると言わざるを得ません。

なにしろ音色、タッチなど、楽器をコントロールする技術は、フレーズ以前に演奏者がもっとも心を砕く大事なことだからです。
だからこそ、楽器演奏者はときには高価な楽器に大枚はたくこともあるわけで、音色やタッチも演奏者にとっては「表現」の一部なのです。

楽器が発する音色のニュアンスを聴き分けずして、オーディオ好きを公言し、オーディオ雑誌に記事を書き、オーディオ本も著す寺島さん、アナタは一体??……といいたいところですが、海千山千な寺島さんのこと、実際のところは、当然のことながら楽器のニュアンスやタッチに関しては、聴きわけていることと思います。

「タッチorフレーズ」というのは、いつもの寺島流レトリックであり、ジャズマニアやオーディオマニアが抱く「いつもの寺島キャラ」と、ご自身のイメージを存続させるための戦略的発言のひとつにすぎないと私は感じます。

キャッチーなテーマ設定の得意な寺島さんのこと、これも「寺島流・聴き方新テーゼ」なのでしょう。

また、オーディオマニアやご自身のファンに対して、常に小出しに楽しみを提供しつづけねばならない“オピニオン・リーダー”としての自覚と、その苦労も察します。

しかし、「タッチ」と「フレーズ」を2つに分けて、「あなたならどちらで聴く?」というようなアプローチは、明快なようでいて、かえってリスナーを混乱に陥れかねないのではないかと私は懸念します。

そして、こういっちゃ寺島さんには失礼ですが、この2極分類の発想は、
「あなたは女の子を見るとき、最初に顔を見る? 胸を見る?」という質問にも似た、あまりレベルの高い問題設定だとは思えないんだよね(笑)。

だって、オレのように両方同時に見てる人だっているわけですから(笑)。

というのは冗談ですが、

つーか、こういう話、ブログなんかに書いてる場合じゃなくて、寺島さんとまたサシでしたいよ。
プロデューサーのIさん、オレをまたゲストに出演させてくれ~!(涙)
※番組持ってる人は、それぞれのキャラがあるから、同じ局の他の番組への出演はあまり好ましくないらしいのだそうです。(>_<)

"寺島さん発言に一言。"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。