カサンドラの新譜、夏の今はいいけど、冬に聴くと自殺したくなるかもしれない?!

ディープかつ蒼黒く空間を滲ませる磁力を放つカサンドラ・ウィルソンの新譜は、スタンダード集だ。



20年前(もうそんな経つんだ!)に発表された『ブルー・スカイ』でもスタンダードをカサンドラ色に見事に染めあげていたが、今回は、さらにバージョンアップされた感がある。

《黒いオルフェ》や、《キャラバン》での沈み込む黒さは、想定内。

しかし、《セント・ジェームズ病院》も、ここまで蒼黒く底なしの世界に染め上げちゃったんだ! というところは想定外だった。

いやはや、ディープ!

妖しくグッとくるうねりを提供しているパーカッションのレカン・ババロラも、このアルバムの中での貢献度は高い。

カサンドラの妖艶さに、うねりの妖艶さが相乗効果で増幅され、深淵なる闇の世界を形作っている。

トランペッターのニコラス・ペイトンも参加、また、ベースはレジナルド・ヴィールと、メンバーもまた強力な実力者揃いだ。

暑い夏の深夜に聴くと、気持ちをクールダウン出来、落ち着いてグラスを傾けられるが、さて、これからめぐってくる秋や冬にこれを聴いたらどうなるだろう?

なんだか、絶望の底なし沼に突き落とされるようで、怖い(笑)。

"カサンドラの新譜、夏の今はいいけど、冬に聴くと自殺したくなるかもしれない?!"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。