トム・キャット リー・モーガン

ハードバップ隠れ名盤! こんな素晴らしい演奏がお蔵入りしていたとは。 リー・モーガンの『トム・キャット』。 このアルバム紹介、動画でも紹介しています。 ブレイキーも、マクリーンも、マッコイも、 もちろんモーガンも、 皆、素晴らしいプレイをしている 充実ハードバップで演奏は申し分ないんですが、 それでもお蔵入りをしていた。 …

続きを読む

ギル・メレ ギルズ・ゲスツ

ギル・メレといえば『パターン・イン・ジャズ』が有名ですが、 これが録音された4ヵ月後に、 大人数編成で録音されあt『ギルズ・ゲスト』も素晴らしい。 このアルバムについての解説を YouTubeにアップしました。 アート・ファーマー、ケニー・ドーハム、ドナルド・バード、 フィル・ウッズ、ジュリアス・ワトキンス……。 ほかにも、数名の…

続きを読む

チャック・マンジョーネ ザ・ジャズ・ブラザーズ

若かりし日のチャック・マンジョーネ。 20歳の頃に結成したザ・ジャズ・ブラザーズのアルバムは、 その名も『ザ・ジャズ・ブラザーズ』。 この頃のマンジョーネは、 後年のフュージョン路線ではなく、ストレートなハードバップ。 後年のフリューゲルホーンではなく、 トランペット1本に徹しています。 このアルバムに関してのウンチクを YouTubeにアップ…

続きを読む

アート・テイラー A.T's ディライト評

ドラマー、アート・テイラーが ブルーノートに残したリーダー作、 『A.T's ディライト』。 これについて語った動画をYouTubeにアップしました。 あまり派手なことをやらない堅実なドラミングのアート・テイラー。 彼はジャズ評論家でもありました。 だから、おそらくジャズマンの演奏を聴く耳が肥えていたのでしょう。 自らが目立つよりも、 共演…

続きを読む

デイヴィス・カップ ウォルター・デイヴィス Jr.

辛口か甘口かと問われれば、 けっこう甘口かもしれない。 ウォルター・デイヴィスの『デイヴィス・カップ』の テーマ、そしてアンサンブルは。 この『デイヴィス・カップ』について語った内容を YouTubeにアップしました。 ウォルター・デイヴィス作曲のメロディを聴くと、 一瞬、「こんなにわかりやすくていいの?」 となるんだけれども、 ひと…

続きを読む