ハンク・モブレイ・カルテット評

ハンク・モブレイの『ハンク・モブレイ・カルテット』評をアップしました。 ▼こちらです。 ハンク・モブレイ・カルテット/ハンク・モブレイ ドラムがアート・ブレイキー、 ピアノがホレス・シルヴァー、 ベースがダグ・ワトキンス! おお、これはもうトランペットにケニー・ドーハムがはいれば、 『カフェボヘミアのジャズ・メッセンジャーズ』ではないか!…

続きを読む

『カインド・オブ・ブルー』~ビル・エヴァンスが執筆したライナーノーツ

ビル・エヴァンスは『カインド・オブ・ブルー』で、 即興演奏を、水墨画になぞらえて書いています。 これがまた言いえて妙で、 非常にジャズの即興演奏の本質を言い当てている名文章だと思います。 そのことについて、軽くYouTubeで語っています。 よろしければ、どうぞ。 ▼こちら 『カインド・オブ・ブルー』ビル・エヴァンスが執筆したライナーノーツ そ…

続きを読む

コテコテ・サウンド・マシーン/原田和典

ジャズ評論家・原田和典氏による、 久々の新刊! 『コテコテ・デラックス』に次いで、 今度は、『コテコテ・サウンド・マシーン』。 オールカラーでコテコテ・ジャズアルバムが紹介されています。 いやぁ、濃いわ。 ページをめくるたびに、 頭クラクラ、 そのうち、ページから湯気が湧き出てくる。 そして、原田さんならではの、 容赦なき怒涛の…

続きを読む

《ボディ・アンド・ソウル》が切なくさわやかなパーカー音源

チャーリー・パーカーの最古の録音から私家録音まで収録された 『バード・イン・タイム 1940-1947』評をアップしました。 ▼こちら バード・イン・タイム 1940-1947/チャーリー・パーカー 4枚組のCDですが、 これがあれば、このセットだけで4ヶ月は楽しめそうです。 (もっといけるかも?) 素晴らしい演奏ばかりなのですが、 膨大な曲群…

続きを読む

ラリー・グレナディア渾身のベースソロ『ザ・グリーナーズ』

ECMから出たラリー・グレナディアが ベース1本で勝負に出た ソロベースアルバム『ザ・グリーナーズ』。 ベース1本のみで演奏されたアルバムって、 ベース弾いている人でさえも、 時に途中で退屈してしまいがちなんですが、 このアルバムの場合、 そういう事態に陥りにくいのは、 おそらく、グレナディアが長年あたためてきた構想を、 一挙に放出しているからなのでしょ…

続きを読む