ドルフィーに捧げる涙 テッド・カーソン

テッド・カーソンのリーダー作 『ドルフィーに捧げる涙』。 これは、ドルフィーがベルリンで死去してから、 1ヶ月と数日後にレコーディングされたアルバムです。 このアルバムの紹介を動画でしています。 しかし、聞けば聞くほど不思議なアンサンブルです。 ミンガスの『ミンガス・プレゼンツ・ミンガス』において、 ドルフィーと抜群の相性を見せたカーソンです…

続きを読む

ベニー・ウォーターズ・プレイズ・ソングズ・オブ・ラヴ

アルトサックスの名手、 ベニー・ウォーターズ。 ジョニー・ホッジスなど、 ビバップ以前のスタイルで、ビッグバンドの花形サックス奏者が好きな人には、 たまらない味わいを放つアルトサックス奏者です。 そんな彼が、御年91歳のときに録音した作品が、 『ベニー・ウォーターズ・プレイズ・ソングズ・オブ・ラヴ』。 このアルバムについての解説を 動画にもアップし…

続きを読む

六本木ジャズフェス2.0 2019/9/7-8

今年(2019年)の9月7日と8日におこなわれる、 「六本木ジャズフェスティヴァル2.0」のオープニングトークをさせていただくことになりました。 場所は、六本木のジャズクラブ「サテンドール」。 時間は午後4時から30分ほどです。 2019年9月7日(土) 16:00〜16:30 司会進行:濱田真秀(Jazz2.0株式会社代表取締役社長) ふるってご来場く…

続きを読む

ジャッキー・バイアード・トリオ、パリでのライヴ『ライヴ・アット・ザ・ジャズ・イン』

ジャッキー・バイアードのライヴ盤 『ライヴ・アット・ザ・ジャズ・イン』。 パリでのライヴアルバムですね。 基本、ピアノトリオなのですが、 バイアード、ところどころでアルトサックスを吹いたりもしています。 このアルバムについて、 動画でも語っています。 サックスのほか、 トランペットも吹けて(このアルバムでは吹いていないけど)、 さ…

続きを読む

モントルー'82 チャールス・ロイド

チャールス・ロイドの名曲、名演、 あの《フォレスト・フラワー》の再演! 『モントルー'82』です。 1966年のジャズフェスティヴァルでは、 ロイド率いるカルテットのピアニストは 若き日のキース・ジャレットでしたが、 82年のモントルージャズフェスティヴァルでの バックのピアノはミシェル・ペトルチアーニ。 両者とも甲乙つけがたいほどの個性です。 …

続きを読む