Albert Ayler Apple Store ART BLAKEY Art Pepper A列車で行こう bennie green Bill Evans Billie Holiday BLUE NOTE Blues-Ette BOBBY HUTCHERSON Bud Powell Cannonball Adderley CECIL TAYLOR Charles Mingus Charlie Parker CHET BAKER Club d'Elf David Wong Dexter Gordon Dizzy Reece Donald Byrd Duke Pearson DVD ecm Eight Classic Albums Ella Fitzgerald ENRICO PIERANUNZI Eric Dolphy Grant Green Hank Jones Hank Mobley Herbie Hancock HORACE SILVER J.J.ジョンソン Jackie McLean jaco pastorius James Carter JAZZ jazz japan Jimmy Smith Joe Henderson Joe Pass JOHN COLTRANE JOHN ZORN Johnny Griffin JUTTA HIPP Keith Jarrett Kenny Burrell Kenny Dorham Kenny Drew Kenny Garrett Lee Morgan Lee Pearson Lou Donaldson Louis Armstrong Louis Smith Max Roach McCoy Tyner Michel Petrucciani Miles Davis MIYA MJQ Ornette Coleman Oscar Peterson Pat Martino PAT METHENY Paul Desmond piano Quin Johnson Ray Bryant Raymond McMorrin Red Garland Ron Carter Sarah Vaughan Serge Chaloff Something Jazzy Sonny Criss SONNY ROLLINS STANLEY TURRENTINE Thad Jones The Melody at Night The Three Sounds Thelonious Monk Tommy Flanagan vocal Wayne Shorter Wes Montgomery with you WYNTON MARSALIS ZOOT SIMS いっき いーぐる かんちがい音楽評論 アイク・アイザックス アイク・ケベック アキコ・グレース アセンション アップルシアター アップルストア アトランティック アドリブ アニタ・オデイ アルトサックス アルバム アルバート・アイラー アルフレッド・ライオン アル・ヘイグ アローン・イン・サンフランシスコ アンソニー・ジャクソン アンソニー・ブラクストン アンドリュー・ヒル アーチー・シェップ アート・アンサンブル・オブ・シカゴ アート・ファーマー アート・ブレイキー アート・ペッパー イタリア イン・ア・サイレント・ウェイ ウイントン・ケリー ウイントン・マルサリス ウェイン・ショーター ウェザー・リポート ウェス・モンゴメリー ウォルター・ビショップ ウディ・ショウ エスペランサ エディ・ゴメス エラ・フィッツジェラルド エリック・ドルフィー エルヴィン・ジョーンズ エレクトリックベース エロール・ガーナー エンリコ・ピエラヌンツィ オスカー・ピーターソン オムニバス オリエンタル・サン オルガン オーネット・コールマン カインド・オブ・ブルー カウント・ベイシー カサンドラ・ウィルソン カフェボヘミア カフェモンマルトル カーティス・フラー ガンダム キャノンボール・アダレイ キャンディ キース・ジャレット ギター ギル・エヴァンス クイン・ジョンソン クラシック クリスチャン・マクブライド クリスマス クリス・コナー クリフォード・ブラウン クリフ・ジョーダン クレオパトラの夢 クール・ストラッティン グラント・グリーン グレート・ジャズ・トリオ ケニー・ギャレット ケニー・ドリュー ケニー・ドーハム ケニー・バレル ケニー・バロン ゲイリー・ピーコック コルトレーン コンサート・バイ・ザ・シー コンテ・カンドリ コンファメーション コール・ポーター サイドワインダー サックス サッチモ サド・ジョーンズ サブコンシャス・リー サムシン・エルス サム・ジョーンズ サム・リヴァース サラ・ヴォーン サンジェルマン サンパウロ サークル・ワルツ シェリー・マン シダー・ウォルトン ショーター シリア ジェリー・マリガン ジジ・グライス ジミー・ギャリソン ジミー・コブ ジミー・スミス ジミー・レイニー ジム・ホール ジャイアント・ステップス ジャコ・パストリアス ジャズ ジャズピアノ ジャズベース ジャズ・メッセンジャーズ ジャズ喫茶 ジャズ批評 ジャズ来るべきもの ジャッキー・マクリーン ジャック・ディジョネット ジューン・クリスティ ジョニー・グリフィン ジョニー・コールズ ジョニー・ホッジス ジョンスコ ジョン・コルトレーン ジョン・ジェンキンス ジョン・スコフィールド ジョン・ゾーン ジョン・パットン ジョン・マクラフリン ジョン・メデスキー ジョン・ルイス ジョン・コルトレーン ジョージ・ウォーリントン ジョージ・ケイブルス ジョージ・コールマン ジョージ・デューク ジョージ・ベンソン ジョージ・ムラーツ ジョージ・ラッセル ジョー・ザヴィヌル ジョー・パス ジョー・ヘンダーソン スイングジャーナル スイング・ジャーナル スガダイロー スコット・ラファロ スタンダード スタンリー・クラーク スタンリー・タレンタイン スタン・ゲッツ スターダスト スティーミン スティーヴ・スワロウ スティーヴ・レイシー スピーク・ライク・ア・チャイルド スピーク・ロウ スペイン スリー・サウンズ ズート・シムズ セシル・テイラー セシル・マクビー セロニアス セロニアス・モンク セロニアス・モンク センチメンタル・ジャーニー ソウライヴ ソニーズ・クリブ ソニー・クラーク ソニー・クリス ソニー・スティット ソニー・レッド ソニー・ロリンズ ソロ タニザワトモフミ タモリ ダイアナ・クラール ダイナ・ショア ダイナ・ワシントン ダグ・ワトキンス ダラー・ブランド チェット・ベイカー チック・コリア チャック・イスラエル チャーリー・クリスチャン チャーリー・パーカー チャーリー・ヘイデン チャールス・ミンガス ツイッター テイク・ファイヴ テディ・ウィルソン テナーサックス ディジー・ガレスピー ディジー・リース デイヴ・ブルーベック デイヴ・ホランド デクスター・ゴードン デュエット デューク・エリントン デューク・ジョーダン デューク・ピアソン トニー・ウィリアムス トニー・ベネット トミー・フラナガン トミー・フラナガン トランペット トランペット・トッカータ トロンボーン ドドズ・バック ドド・マーマローサ ドナルド・バード ドナ・リー ドラム ドン・ウィルカーソン ドン・チェリー ドン・フリードマン ニューオリンズ ニューヨーク ニューヨークの秋 ニュー・トリスターノ ニールス・ペデルセン ノラ・ジョーンズ ハロルド・ランド ハワード・マギー ハンク・ジョーンズ ハンク・モブレイ ハンプトン・ホーズ ハードバップ ハービーハンコック ハービー・ニコルス ハービー・ハンコック バップ バド・パウエル バラード バリトンサックス バルネ・ウィラン バードランド バードランドの子守唄 バール・フィリップス パット・マルティーノ パット・メセニー パララックス ビッグバンド ビッチェズ・ブリュー ビヨンド・スタンダード ビリー・ヒギンズ ビリー・ホリデイ ビル・エヴァンス ビル・ハードマン ビル・エヴァンス ビ・バップ ビージー・アデール ビートルズ ピアニスト ピアノ ピアノソロ ピアノトリオ ピアノレストリオ ファイヴ・スポット ファッツ・ウォーラー ファッツ・ナヴァロ フィニアス・ニューボーン フィリー・ジョー・ジョーンズ フィル・ウッズ フォー・ザ・ファースト・タイム フュージョン フランク・シナトラ フリューゲルホーン フリージャズ フルート フレディ・ハバード フレディ・レッド ブッカー・アーヴィン ブッカー・リトル ブラッド・メルドー ブランフォード・マルサリス ブリリアント・コーナーズ ブルース ブルースエット ブルース・ウォーク ブルーノート ブルー・ミッチェル ブログ ブーガルー・ジョー・ジョーンズ プレイング・ニューヨーク プレスティッジ ヘレン・メリル ベイシー ベニー・グッドマン ベニー・グリーン ベニー・ゴルソン ベース ペギー・リー ペッパー・アダムス ホリー・コール ホレス・シルヴァー ホレス・パーラン ボサノバ ボックスセット ボビー・ハッチャーソン ボブ・クランショウ ポッドキャスト ポール・ジャクソン ポール・チェンバース ポール・デスモンド ポール・ブレイ ポール・マッカートニー マイク・スターン マイク・リバード マイケル・ブレッカー マイルス マイルストーンズ マイルス・デイヴィス マイルス・デイヴィス マイ・ファニー・ヴァレンタイン マグニフィセント マックス・ローチ マッコイ・タイナー マル・ウォルドロン マンテカ マーカス・ミラー マーク・リボー マーティ・ペイチ ミシェル・カミロ ミシェル・ペトルチアーニ ミシェル・ンデゲオチェロ ミステリオーソ ミュージックバード ミルト・ジャクソン ミロスラフ・ヴィトウス ミンガス メモリアル・アルバム モダン・ジャズ・カルテット モンク モントルー ユタ・ヒップ ヨーロッパ ライオネル・ハンプトン ライトハウス ライブ ライヴ ラウンド・ミッドナイト ラジオ ラッセル・マローン ランディ・ウェストン リロイ・ヴィネガー リー・コニッツ リー・モーガン ルイ・アームストロング ルイ・スミス ルック・アウト ルディ・ヴァン・ゲルダー ルビー・マイ・ディア ルー・ドナルドソン レイ・バレット レイ・ブライアント レイ・ブラウン レコード レスター・ヤング レッド・ガーランド レッド・ミッチェル レニー・トリスターノ レニー・ホワイト ロイ・ヘインズ ロック ロニー・スミス ロン・カーター ローランド・カーク ワルツ・フォー・デビー ヴァイオリン ヴィレッジ・ヴァンガード ヴォーカル 一ノ関 一関 上原ひろみ 中山康樹 中嶋錠二 中川ヨウ 中村尚子 久石譲 佐藤允彦 処女航海 原朋直 古澤良治郎 名盤 君に届け 土濃塚隆一郎 坂本龍一 坂田明 大西順子 大谷能生 大隅卓也 大隅寿男 女子ジャズ 妹尾美里 寺井尚子 寺島靖国 小川隆夫 小林桂 山下洋輔 山中千尋 岩手県 岸部一徳 島田奈央子 川上さとみ 市原ひかり 後藤雅洋 快楽ジャズ通信 新緑の中に雨が降っている 日野皓正 朝日のようにさわやかに 村上春樹 松本茜 枯葉 森下滋 椎名林檎 横浜BarBarBar 橋本一子 水岡のぶゆき 池田達也 沖縄 油井正一 渋谷 渡辺貞夫 渡辺香津美 濱瀬元彦 猛暑 田村和大 直立猿人 矢野沙織 矢野顕子 秋吉敏子 納浩一 纐纈雅代 菊地成孔 藤井伸昭 西山瞳 西藤ヒロノブ 赤坂 超・音楽鑑賞術 進藤陽悟 道化師 鈴木勲 銀座 阿部薫 限りなき探求 青木カレン 音楽 高柳昌行 4ビート

Chet Baker Sings And Plays チェット・ベイカー

2014/11/25 13:53
チェット・ベイカーは、 甘く優しくアナーキーな人だったんだぁ、と改めて。 麻薬やりまくって、海外でも逮捕されまくって、 国外追放されたり、 刑務所暮らしをしたりしていて、 真の悪魔の囁きと誘惑は「快楽」だと誰かが言っていたけど、 とろ〜り、まったり心地よい チェットのヴォーカルから漂うのは、 まぎれもなく、 「こっちへおいで」と誘う こちらの神経の内部にスルリと侵入してくる 自堕落ウィルスのようなもの。 ..

続きを読む

チェット チェット・ベイカー

2014/03/03 10:58
ピアノ=ビル・エヴァンス(*^0゚)v さりげなくも光る伴奏ゆえ、 繰り返しの鑑賞に堪えうる内容に昇華させています。 もちろんチェット・ベイカーも悪くはないんですが、 エヴァンスの貢献で、作品の深みが増していることは確か。 Chet: Keepnews Collection ▼収録曲 1. Alone Together 2. How High The Moon 3. It Never Entered My Mind 4. Tis..

続きを読む

One Night in Tokyo Chet Baker

2013/03/02 11:06
このマイルドな味わい 聴きごたえあり(・∀・)b。 肩ひじ張らない伸びやかな歌心に なぜか引き込まれてしまう。 演奏しているチェットよりも、真剣に聴き入ってしまうリスナーのカロリー消費量のほうが高かったりして。 One Night in Tokyoアーティスト: チェット・ベイカー出版社/メーカー: Immortal Audio発売日: 2008/05/15メディア: CD

続きを読む

Candy Chet Baker

2013/03/01 09:08
老いたチェットを侮るなかれ。 たしかに、麻薬でラリパッパー、 へろへろ不安定なものも少なくないけれども、 このアルバムは別。 特に《キャンディ》。 見よ、この表現力。 不思議な磁力を音にたたえた晩年の傑作です(・∀・)b Candyアーティスト: チェット・ベイカー出版社/メーカー: Universal Import発売日: 2007/08/21メディア: CD

続きを読む

東野圭吾ミステリーズ 最終回

2012/09/22 18:09
先日の「東野圭吾ミステリーズ」の最終回に何度か流れていた音源はコレだよーん。 チェット・ベイカーの《マイ・ファニー・ヴァレンタイン》ね。 チェット・ベイカー・シングス オンナがオトコを精神的に追い詰める話なだけに、ブリジット・フォンテーヌの《ラジオのように》などが流れると、同じストーリーでも雰囲気がガラリと変わって、ミステリーというよりも、シュールな感じが強調されて、それはそれで面白いテイストに変貌するかもな、なんて思いながら見ていま..

続きを読む

Chet Baker『ジス・タイム・ザ・ドリームズ・オン・ミー』評

2011/08/12 10:00
本日2011年8月12日より、ちょうど58年前の1953年8月12日に、チェット・ベイカーらロサンジェルスで行ったライブの模様が『ジス・タイム・ザ・ドリームズ・オン・ミー』に収録されています。 This Time The Dream's On Me - Live Vol. 1 若き日のチェットのトランペットは、勢いがありつつもソフトでスム―ス。それでいて、いつもどこかで必ず漂うどうしようもないほどの倦怠感。 これぞチェットが生涯通して変わることな..

続きを読む

もっと見る